銀行B社様の場合

運用基盤の強化で、
「速やかに」「使える」DR(ディザスタリカバリ)環境へ

お客様の課題

1サーバ数や業務要件の増加に伴ない、被災時の切替手順が煩雑となり、
復旧まで膨大な時間が必要。

1バックアップセンターの運用開始後も、被災時の切替が不安。

解決過程

(1)被災時における切替方針の統一

システム数の増加やシステム間連携の追加等により、業務要件や特性が複雑化し、被災時の切替手順が煩雑となり、復旧までには膨大な時間が必要となるケースが発生しています。
IDはお客様とともに、業務ごとの特性やシステムの特性を詳細に分析しました。これにより、被災時切替方針を簡素化することで、「速やかに」「使える」環境を実現しました。

(2)被災時の切替処理の自動化

社会基盤を支えるシステムは、現代社会になくてはならない存在です。万が一の被災時でも、継続的にシステムが稼働する必要があります。
IDは、運用管理ソフトウェアやシェルスクリプトを駆使した自動切替処理を導入することで、極力人の手を介さない切替環境の整備を行いました。

(3)メインシステムとバックアップシステムの整合性チェック機能の設計と構築

バックアップセンター運用開始後でも、本当に切り替わるのだろうか。そのような不安を払しょくするためには、定期的な整合性チェックや被災時切替訓練が不可欠です。IDは、メインセンターとバックアップセンターにおけるDB(データベース)情報、システム情報、各種ツールやパラメータ情報の整合性を定期的にチェックすることで、緊急時でも即時運用が可能となるDR環境を構築しました。

解決過程

45年間で築きあげたノウハウでお客様の要望を具体化しております。
お気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合せ

WEBでのお問い合せ

セキュリティ・クラウド インフォメーションディベロプメントは、セキュリティからクラウドまで幅広い要望にお応えできます。 採用情報 インフォメーションディベロプメントなら、あなたのキャリアイメージを実感できるチャンスがあります!
ページトップへ

Copyright © INFORMATION DEVELOPMENT CO., LTD. All rights reserved.