社長からのごあいさつ

船越 真樹 (ふなこしまさき)
1959年生まれ。鳥取県出身。
慶應義塾大学商学部卒業。

  当社は1969年に独立系情報サービス企業として創立し、金融、公共、航空など幅広い分野のお客さまにITサービスを提供しています。近年は、ITサービス業界を取り巻く急激な環境変化に対応するため、主力のシステム運営管理やソフトウェア開発のいっそうの拡充に加え、(IoT・AI・ウェアラブルなどの)新分野への挑戦や海外展開にも積極的に取り組んでいます。


  2017年3月期は、中期経営計画「I-vision 50」の初年度売上高目標214億円を達成することができました。売上高は過去最高、営業利益、純利益ともに、4期連続増益でした。これもひとえにお客さま、株主さま、社員の皆さま、ならびにIDを応援してくださったすべての方々のおかげと心よりお礼申し上げます。


  当社では「I-vision 50」において、2019年3月期売上高240億円、営業利益率7.0%を目標に掲げています。2019年10月の創立50周年を見据え、「徹底した業務プロセスの改革(BPR)」「新たな成長分野の構築」「グループのガバナンス強化」の3つの基本方針のもと、成長を遂げてまいります。また最先端技術を持つベンチャー企業(米国:Seceon Inc.、日本:株式会社リアルグローブ)との提携を進め、ビジネス拡大とイノベーションの創出を目指します。


  会社の未来は社員一人一人の成長にかかっています。優秀な人財の確保と生産性向上のため、ワークライフバランスを重視し、「働き方改革」に全社をあげて取り組んでおります。フレックスタイム制の充実、有給休暇の取得率や会議数削減の目標設定などを通して、働きやすい職場づくりに向けた環境整備と意識改革を進めていきます。


  今後も「競争に負けない」強い信念のもと、企業価値の向上をめざし、社員一丸となって日々力を尽くしてまいります。


2017年4月28日
代表取締役 船越真樹

ページトップへ

Copyright © INFORMATION DEVELOPMENT CO., LTD. All rights reserved.