よくあるご質問

経営理念は何ですか?
IDグループは1969年の創業以来、「卓越した技術」「高品質のサービス」「未知への挑戦」を社是に掲げて、「わくわくする未来創りに参加する情報サービス企業」として事業を展開しています。
2006年1月にはIDグループとしての企業価値向上を目指した新ビジョン「IDentity」を公表し、当社グループの「あるべき姿」として、「誇りあるID社員像」と持続的成長を実現するための「組織のあり方」「社員の行動基準」を明確にしました。
IDグループの事業内容は具体的にどのようなものですか?
IDグループでは、コンサルティングからソフトウェア開発、システム運営管理、セキュリティ、クラウド、BPOまで、トータルなITアウトソーシングサービス「i-Bos24®」を提供しています。
銀行・保険などの金融機関をはじめ、情報・通信、エネルギー、運輸、メーカー、マスコミなど、様々な分野のお客様より、長年高い信頼をいただいています。
また、IDグループ拠点および海外アライアンスパートナーとの協業により、中国(武漢、無錫、上海)、シンガポール、ミャンマー、インドネシア、アメリカ、イギリス、オランダに、グローバルなIT高品質サービスをスピーディに提供しています。
事業内容についての詳細はこちらをご覧ください。
強み・特長は何ですか?
IDグループの特徴はいずれのソフトウェアベンダー系列にも属さない「独立系」であることと、ITのサービス部門に強みを持つ情報サービス企業であることです。「独立系」であることにより、特定のマシン・OS・ツール・開発言語にとらわれることなくお客様の立場に立ったサービスを提供することができます。
また、システム運営管理においてはグループで約1,200名超という国内最大級の技術者を擁し、この分野で最も重視される安定的かつ継続的なシステム稼動を高いレベルで実現しています。
IDグループの強みについての詳細はこちらをご覧ください
中期経営計画の概要について教えて下さい。
IDグループでは2019年3月期に連結売上高240億円、営業利益率7.0%の達成を目指しています。
具体的には、(1)構造改革、(2)働き方改革、(3)新技術の利活用推進、(4)ダイバーシティの推進、(5)グローバルの推進、(6)連結経営のガバナンス強化、(7)BOO戦略の推進を軸に取り組んでまいります。

中期経営計画についての詳細はこちらをご覧ください
配当政策について教えてください。
IDグループでは、財務の安定性を確保しつつ、将来の企業価値向上に向けて人材、戦略的提携、M&A、その他成長投資へと積極的に資金配分を行っております。
配当政策については、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして認識し、強固な経営基盤の確保、安定収益、および自己資本利益率の向上に努め、業績に裏付けられた適正な利益配分を継続することを基本方針としております。

配当情報についての詳細はこちらをご覧ください。
ページトップへ

Copyright © INFORMATION DEVELOPMENT CO., LTD. All rights reserved.