個人投資家の皆さまへ

トップページ > 投資家情報 >  個人投資家の皆さまへ

IDの歩み

データ入力から、システム運営管理、ソフトウェア開発、 クラウド、セキュリティへと業務を拡大

インフォメーション・ディベロプメント(略称ID)は、コンピュータが民間企業で本格的に利用され始めた1969年に、独立系の情報サービス企業として設立されました。

当初はデータ入力サービスが中心でしたが、IT(情報技術)の普及や高度化に伴い、システム運営管理、ソフトウェア開発、クラウド、セキュリティへとビジネスを拡大してきました。
また、サービスを広範囲に提供するため、大手ベンダーとの合弁会社の設立や、システム運営管理事業を主力とする企業の完全子会社化などを行いました。
また、情報サービス企業として、広く社会やお客さまに認めていただけるよう、1998年の店頭登録、2013年12月の東京証券取引所市場第二部上場を経て、2014年9月には同市場第一部に指定されました。

近年は、国内拠点を増やすとともに、海外子会社との連携や海外IT企業との提携等を通じて、高品質なITサービスをグローバルに展開しています。
当社はこれからも、お客さまによりいっそう満足していただけるITサービス企業へと成長できるよう、努力していきます。

IDの企業理念

私たちはIDのあるべき姿をIDentity(アイデンティティ)として全社的に共有しています。IDグループとしてより大きく飛躍するために「技術力」とともに「人間力」を磨き、「わくわくする未来創りに参加する情報サービス企業」として情報サービス業界の発展に向けて前進していきます。
お問い合わせ