RECRUIT 採用情報

渡辺さんの場合

マンガに描かれたような夢の世界も、ITなら実現できます。 システム開発部門 エバンジェリスト

入社からのキャリア

社内プレゼンから一気に実現化した“スマートグラスを利用した遠隔支援システム”を開発

インターネットが少しずつ世間に浸透してきた2002年に新卒で入社しました。学生時代にWeb技術を学んできた私の最初の仕事は、銀行システムの技術基盤開発でした。その後、航空系、ガス関連会社のアプリケーションフレームワークの開発、技術コンサルティングを担当してきました。その後、これまで培ってきたノウハウを社内で標準化し、社内標準のシステム開発基盤として提供しました。以降も、航空系システムのアプリ基盤からインフラまでの設計、ガス関連会社の超巨大システムの移行プロジェクトの責任者、社内製品開発の技術検証など、さまざまなプロジェクトに携わってきました。

その後、社内研修のプレゼンテーションで「次世代の情報サービス企業は何をすべきか」を検討した際に、「2020年までにIoTのサービスを起こす」という企画をプレゼンテーションした結果、プロジェクトが立ち上がり、現在取り組んでいるものがスマートグラスを利用した遠隔支援システム開発です。既存業務と比較して利益率の高い分野にチャレンジするチャンスをいただき、社内に目に見える形で示せたという手応えを感じています。

今後の目標

利益率が高い分野にチャレンジできる環境をつくること

コンピュータを使って効率化や改善を図ることと、「人」を中心とするIDのビジネスモデルは、本来は方向性が真逆です。異なるベクトルを活かしつつ、どうすればみんなが幸せになれるか考えた結果、利益率が高い分野にチャレンジし、新しい取り組みができる社内環境を作るべきだという考えにいたりました。

また、IDはどちらかというと人のマネジメントを重視する社風ですが、今後はマネジメントと技術の両方を備えた人材を増やす必要があると感じており、人材育成にも興味があります。技術としては、どのようなことでもやりたいと思っています。マンガに描かれた世界のような、夢みたいなことを実現できるようになりたい。それが一番の理想です。

IDについて

目の前の課題をこなしつつ、わくわくすることも考えられる

いろいろなことにチャレンジできるところ、チャンスがもらえるところがIDの魅力です。私は苦手なことに挑戦することが好きです。できない=苦しいのではなく、それを変えていくことが楽しいですし、自分がやれば変えられると考えています。自分が思い描く“未来”のイメージをITで作りたい。目の前の課題をこなしつつ、わくわくするようなことを常に考えることが日常になっています。また、上下関係を必要以上に気にすることもなく、上司とも同僚ともフランクに話せる風通しのよい社風も気に入っています。

これから入社する方へ

目標を大事に持って、出会いを大切にしてください

こうなりたい、という目標を最初に持っておいた方がいいと思います。目標をしっかりと定めてひとつのことに取り組み、小さな成功を積み上げていくことが大きな成功への確かなルートです。私がIDに入社したきっかけは、インターネットでした。もともと家業が建築土木系で、大学でも橋を専門に研究していました。ところが大学時代にインターネットが登場し、何か大きな変化が起きるという危機感を抱いて、大学を卒業後、ITの専門学校に進学しました。そこへ、当時専務だった舩越社長が、東京から地元の高知まで会社説明に来られたのです。私がIDを知ったのは、ほんの偶然でした。そういう出会いこそ、実は案外大切だと感じています。

その他のインタビューはこちら

セキュリティ部門 フレデリクソンさん

グローバル人材として、輝く日に備えています。

システム開発部門 寺内さん

女性が活躍しやすい風土への変革を体現したいと思っています。

セキュリティ部門 神沼さん

責任は大きいけれども、刺激的で楽しいです。

社内システム開発部門 青木さん

「やりたいこと」を実現したら、さらに良くしたくなりました。

システム開発部門 下大薗さん

変革の真っただ中にある今が、一番面白いと感じています。

新卒採用の方はこちらからエントリー

弊社へのエントリー、会社説明会へのご予約は
下記のサイトから受付けております。

中途採用の方はこちらからエントリー

キャリア採用の情報は
こちらからご確認ください。