RECRUIT 採用情報

トレーニング制度

日経スマートワーク経営調査で星3つ半獲得

IDは、日本経済新聞社が実施する「第5回日経スマートワーク経営調査」で星3つ半を獲得しました。

日経スマートワーク経営調査は、新たな時代に競争力を発揮するスマートワーク経営を実践している企業を評価したものです。

その中でIDは、人材を最大限活用する「人材活用力」の面でも優れた評価を得ました。それはトレーニング制度の充実度が評価された結果です。

下図の通り、IDのトレーニング制度には、新入社員から経営層まで成長し続けられる環境があります。

主なトレーニングの種類

1.階層別トレーニング

基本的には全社員が受講するトレーニングで、入社年次ごとの決まった時期や昇格したタイミングで行います。

IDでは新入社員から3年間を社会人としての基盤形成期としています。この期間に予定されているトレーニングは全4回です。

また昇格のタイミングにより、各段階で以下の必要なトレーニングを実施します。

  • チームマネジメント
  • キャリア開発
  • 経営マネジメント

例えば、管理職の第一歩であるグループリーダーへ昇格した際は「新任グループリーダー研修」を受講し、国籍、性別、キャリア等、多様な社員の育成や適切な評価方法について、丁寧に学びます。
このような管理職向け研修は、部長、役員と昇格する度に用意され、最新のリーダー像へと自身をアップデートすることができます。
全ての階層別研修には、国籍、性別、キャリア等、多様な属性や個性を持つ社員同士の相互理解コミュニケーションプログラムが含まれており、また、一人一人の社員が自分らしいキャリアを形成する為の支援も研修内で実施します。IDグループは、多様な社員が活き活きと活躍する職場環境こそが、会社や個人の成果やWaku-wakuに繋がるというマインドづくりを、10年以上前から続けています。

2.選抜トレーニング

階層別のトレーニングとは別に、役割期待の高い社員を選抜指名して実施するトレーニングです。若手層を中心に、多様な国籍、そして女性からも積極的に選抜されます。未来を牽引する人材を早い段階から育成すべく、最速で入社2-3年次より、経営視点を意識した最新専門知識や変化対応力を学びます。この選抜トレーニングは毎年実施され、次世代リーダー候補人材を増やしています。


3.外部研修

外部教育ベンダーのセミナーやビジネススクール、IT業界団体のコミュニティ活動などを通じて、視野を広げ、新たな視点やアプローチを学びます。女性管理職候補者研修等も、高い実績を持つ外部教育機関のプログラムを活用しています。


4.自己啓発

テレワーク勤務を織り交ぜた働き方の拡充により、通勤時間が削減され、自分時間が増えています。その時間を利用して資格取得の学習を進める等、自己研鑽力を高めることが必要不可欠です。IDは資格奨励金制度を設け、社員一人一人のやる気を応援しています。

トレーニングを重ねてどのようにステップアップしていけるかは、「キャリアパスイメージ」のページをご確認ください。

キャリアパスイメージ