KNOWLEDGE - COLUMN ナレッジ - コラム

XaaSの広大な世界 ~その歴史と可能性~

コラムイメージ

関連するソリューション

ID-Cross/クラウドサービス

IDアメリカ
ハムザ・アフメッド顔写真

こんにちは、IDアメリカのハムザ・アフメッドです。

「as-a-Service」(アズ・ア・サービス)という言葉はテクノロジー・ソリューション、特にIT業界で働いている方は、聞き覚えがあるのではないでしょうか。

AWSやAzureのようなクラウド・コンピューティング・プラットフォームを使ったことがある方でしたら、SaaS(Software-as-a-Service)、IaaS(Infrastructure-as-a-Service)、PaaS(Platform-as-a-Service)などを使ったことがあると思います。しかし、市場にある「as-a-Service」ソリューションはこれらだけではありません。

2022年だけでも、BaaS(Blockchain-as-a-Service)、DaaS(Desktop-as-a-Service)、さらにはRaaS(Ransomeware-as-a-Service)などが登場しており、これらのソリューションの普及は、この拡大し続ける「as-a-Service」提供の領域を包含するために、XaaS(Anything-as-a-Service)という新しい包括的な用語が作られるまでに至っています。
 
今回のコラムでは、XaaSの魅力的な世界を探求し、XaaSが業界やデジタル時代のビジネスのあり方を変えつつある無数の方法について掘り下げます。

「as-a-Service」モデルの特徴とは?

様々なXaaS( Anything-as-a-Service) について耳にしたことがあるかもしれませんが、最近ではあらゆる業界がその名前に「as-a-Service」タグを付けているのを目にします。マーケティングのギミックのように見えるかもしれませんが、実際には、何が正当なXaaSソリューションとして適格であるかを定義する具体的な基準があります。

XaaSサービスには、デジタルの世界で際立った存在となるための明確な特徴があります。これらの基準は単なるバズワードではなく、「as-a-Service」ソリューションの本質を定義するものです。

オープンソース基盤の上に構築されている

XaaSサービスは、多くの場合、オープンソースプロジェクトに基づいて構築され、ライセンスコストを最小限に抑えるか、完全に排除します。この基盤は、プロバイダーとユーザーの両方にとってアクセシビリティとコスト削減を促進し、イノベーションのための競争の場を平準化します。

自動化

XaaSの基本的な特徴は、自動化能力です。これらのサービスでは、タスクの実行や役割の遂行に人間の介入をほとんど必要としていません。自動化はプロセスを合理化し、人的ミスを減らし効率を高めます。

オンデマンドのスケーラビリティ

XaaSソリューションはスケーラブルに設計されており、需要のレベルや量の変動に難なく適応します。使用量の急増に対応するためにリソースを増強する必要がある場合でも、閑散期にはリソースを縮小する必要がある場合でも、XaaSは特定のニーズに合わせてリソースを調整する柔軟性を提供します。

プロバイダーによるメンテナンス

XaaSは、クラウドプロバイダーが保守とサポートを行います。この重要な点は、ソフトウェアのアップデート、セキュリティパッチ、インフラのメンテナンスの負担をユーザーから軽減することです。

リソースの最適化

XaaSはリソースを効率的に活用するのが理想的です。あるXaaSサービスによって使用されたリソースは、他のIaaS(Infrastructure-as-a-Service)タスクやサービスによって回され、コアのビジネスに使用できることがよくあります。このリソースの最適化により、持続可能性と費用対効果が促進されます。


要するに、XaaSは単なるキャッチーな名前ではなく、デジタル時代におけるサービス提供の青写真なのです。

ブロックチェーン機能の提供(BaaS)、リモート・デスクトップ・アクセスの実現(DaaS)、決済処理の簡素化(PaaS)、サーバーレス・コンピューティングの提供など(SaaS)、XaaSソリューションはこれらの基本的な基準を遵守しています。

費用対効果、自動化、スケーラビリティ、リソースの最適化が一体となり、産業界や消費者の進化し続けるニーズに対応するダイナミックな風景を作り出します。

「as-a-Service」モデルの歴史

XaaS(Anything-as-a-Service)モデルの出現は、複雑なシステムを自社で管理することへの業界の挑戦の高まりに後押しされ生まれたものです。

インフラを外部プロバイダーにアウトソーシングするというコンセプトは斬新なアイデアではなく、企業にコンピューターが普及したときから行われてきました。

遡ること1960年代には、企業はIBMのような業界大手が提供するユーティリティ・コンピューティング・サービスを利用し、必要時に支払うモデルでコンピュータリソースを利用していました。

ワールド・ワイド・ウェブの登場は、この進化の極めて重要な瞬間となりました。インターネット上でアプリケーション・サービスを提供する先駆者であるアプリケーション・サービス・プロバイダー(ASP)の台頭へとつながり、ASPのモデルはサブスクリプション・ベースで運営され、ウェブ上でアクセス可能なさまざまなサービスやソフトウェアを提供しました。

しかし、ASPは、信頼性の低いインターネット接続やセキュリティの問題など、独自の課題に直面していました。とはいえ、ASPはその後のXaaSモデルの基礎となる青写真を築いていました。

2000年代初頭、Salesforce、Google、Microsoftといった業界大手が「SaaS」(Software-as-a-Service)という言葉を発表し、アプリケーションへのアクセス方法を一変させました。

これにより、従来のインストールやデバイス依存から脱却し、インターネット経由でシームレスにアプリケーションを利用できるようになりました。今日では、平均110のSaaSアプリケーションを採用する組織も珍しくなく、このモデルが広く採用されていることを示しています。


SaaSモデル


AmazonやGoogleのインフラ提供に代表されるクラウド・コンピューティング・サービスの台頭により、デジタル世界のバックボーンが形作られ始めました。2010年代に入ると、SaaSモデルはさらに拡大し、ソフトウェアやインフラにとどまらない、多様なサービスが含まれるようになりました。

代表的なものにFaaS(Function-as-a-Service)やGaaS(Game-as-a-Service)があり、「as-a-Service」モデルの範囲を拡大しました。

「as-a-Service」の発展は、技術の進歩、インターネット接続の向上、ビジネス要件の進化によって推進されてきました。この進化は、企業と個人の両方がテクノロジー、ソフトウェア、さまざまなリソースにアクセスし、利用する方法を根本的に変えました。

このモデルの特徴である柔軟性、拡張性、コスト効率は、デジタル時代における極めて重要な力となっています。急速に変化する今日の状況において、効率的で利用しやすいサービスを求める需要の高まりに応えるべく、有機的に進化してきました。

新たなXaaSモデル

過去10年間で、あらゆる業界で新しいXaaSソリューションが生まれたため、時折呼び方が重なることもあります。PaaSは通常Platform-as-a-Serviceですが、Payment-as-a-Serviceの場合もあり、BaaSはBlockchain-as-a-Service、またはBanking-as-a-Serviceということもあります。このモデルの多様性とその可能性を紹介するために、様々な業界でのモデルをご紹介します。

AaaS(Analytics-as-a-Service)

AaaSは、アナリティクス機能とツールをサービスとして提供するクラウド・コンピューティング・モデルです。これにより、企業は社内に大規模なインフラや専門知識がなくても、データを分析し、そこから洞察を得ることができます。このモデルを提供している企業ではAWS、Google、IBMなどが競合です。VMRによると、この業界は2030年までには3000億ドルの規模になると言われています。

GaaS(Game-as-a-Service)

GaaSはゲーム業界におけるモデルです。ゲームは1回限りの購入ではなく、サービスとしてプレイヤーに提供します。ゲーム体験を向上させるために、継続的なアップデートやコンテンツの追加、コミュニティへの参加などが含まれることが多いです。このモデルの競合はNvidiaやSonyです。Knowledge-Sourcingによると、この業界は現在20億ドル程度であるのが2027年までに200億ドルの規模まで成長すると見込まれています。

DaaS(Desktop-as-a-Service)

DaaSは、仮想デスクトップ環境をインターネット経由でユーザーに提供するクラウド・コンピューティング・サービスです。デスクトップ・アプリケーションやデータへのリモート・アクセスを可能にし、組織によるデスクトップ・コンピューティング環境の管理とセキュリティ確保を容易にします。
このモデルの競合はAWSやCITRIXですが、他にも急激に成長しているTehamaなどもあります。Gartnerのレポートでは2021年から2022年で22%ほど成長しており、2026年までに毎年14%の成長を期待できるとのことです。

STaaS(Storage-as-a-Service)

STaaSは、クラウドベースのストレージ・ソリューションをユーザーや企業に提供するサービスです。データの保存、アクセス、管理をリモートで行えるため、オンプレミスのストレージ・インフラを不要にします。このモデルを提供している企業ではAWS、Google、IBMなどが競合です。Stratview Researchは2026年までに1600億ドルの業界に成長していると予測しています。

BaaS(Blockchain-as-a-Service)

BaaSは、ブロックチェーン・アプリケーションとネットワークの開発、展開、管理を簡素化するクラウドベースのサービスです。組織がブロックチェーン技術を活用するために必要なインフラとツールを提供し、ゼロから構築する複雑さを下げます。このモデルを提供している企業ではAWS、Oracle、NTTデータなどが競合です。MarketsandResearchは2026年までに110億ドルの業界に成長すると予測しています。


ブロックチェイン

MaaS(Mobility-as-a-Service)

MaaSは、公共交通機関、ライドシェア、バイクシェアリングなど、さまざまな交通手段を計画、予約、決済するための単一のプラットフォームをユーザーに提供し、交通サービスへの統合的なアプローチを指します。このモデルを提供している企業ではUber、Lyft、BMWなどが競合です。Fortune Business Insightはこの業界が2029年までに7500億ドルの規模までに成長することを予測しています。

KaaS(Knowledge-as-a-Service)

KaaSは、専門的な知識、専門知識、情報へのアクセスをサービスとして提供する知識共有モデルです。KaaSを利用することで、組織や個人は、大規模な調査やトレーニングを受けることなく、特定の分野の知識を利用することができます。まだこの分野は新しく競合は存在しておりません。Smart Tribune、Gartner、Statistaなどがこのようなサービスを提供しています。

RaaS(Ransomeware-as-a-Service)

RaaSは、サイバー犯罪者がランサムウェア攻撃を他の個人やグループにサービスとして提供するサービスです。このようなサービスには、カスタマイズ可能なランサムウェアの亜種やサポートが含まれていることが多く、犯罪者はランサムウェア攻撃を容易に行うことができます。このモデルを提供している企業ではLockbit、Darkside、Dharmaなどが競合です。これらのサービスが原因でハッカー集団の壊滅が困難になっています。ハッカー集団を止めたとしても、提供された技術を使うことで、すぐ新たな組織を立ち上げられます。これも他のXaaS同様サブスクリプションサービスであり、有力な顧客サポートを提供しています。GlobeNewsWiseによると2030年までに700億ドルに成長すると予測しています。

BaaS(Banking-as-a-Service)

BaaSは、銀行以外の事業体が銀行関連サービスを提供する金融サービスモデルで、多くの場合、従来の銀行のインフラを活用しています。本格的な銀行となることなく、企業が金融商品やサービスを提供することを可能にします。このモデルを提供している企業では Bankable、Sterling National Bank、Technisysなどが競合です。FMIはこの業界が2033年までに330億ドルの規模になることを予測しています。

MGaaS(Microgravity-as-a-Service)

MGaaSとは、組織や宇宙機関が、科学研究、実験、商業目的のために、宇宙で経験するような微小重力環境へのアクセスを提供するコンセプトを指します。ユニークな条件下で実験を行う機会を提供します。現在このサービスを提供できるのはGraiticsやSpaceForgeなどの少数の企業となっていますが、用途が増えれば、多くの企業がこの業界に入り込めるかもしれません。現在の用途は半導体や医療系の実験、光ファイバーの生産、無重力環境での実験などで、この位置付けも新しいため、マーケットの規模に関しては情報がありません。


これらは現在利用可能なもののわずか一部で、日々新たなサービスが提供されています。最終的には、すべてのサービスを一か所で包括できる単一のXaaSが登場する可能性もありますが、その未来はまだ遠い先の話になると思います。

XaaSのメリット

XaaS(Anything-as-a-Service)モデルは、ビジネス機能を再構築する無数の利点をもたらします。

柔軟な支払いプラン

XaaSプロバイダーはサブスクリプション・ベース・モデルを提供することが多く、顧客は利用した分だけ支払うことができます。この適応性により、サービスレベルの迅速な調整が可能になり、迅速なスケーラビリティが実現します。

合理化されたオペレーション

XaaSは、ハードウェアやスタッフへの大規模な投資を不要にします。企業はXaaSプロバイダーに重要な機能を任せることで、リソースを組織や企業のコアサービスに集中させることができます。

強固なテクニカルサポート

XaaSプロバイダーは通常、強力なテクニカルサポートを提供し、効果的にビジネス・チームの延長として機能します。この専門知識により、複雑な課題に取り組み、ビジネスの拡大を促進することができます。

シームレスなスケーラビリティ

XaaSを利用することで、オペレーションの適応が容易になります。ビジネスのスケールアップやスケールダウンを迅速に行うことができ、進化する需要に迅速に対応することができます。

XaaSの欠点

XaaSモデルには多くの利点がありますが、潜在的な欠点も認識しておく必要があります。

セキュリティの懸念

評判を守る XaaSプロバイダーに業務や機密データを任せることは、セキュリティの脆弱性をもたらす可能性があります。XaaSのインフラによっては、セキュリティ上の問題や侵害が発生する可能性もあります。XaaS会社を真摯にリサーチし選択することが重要です。選択プロセスでは、プロバイダーのセキュリティ検証と履歴を精査することです。過去にデータ漏洩がなかったか、報告書はないか、などです。このステップを踏むことで、安全な選択をすることができます。


セキュリティ

パフォーマンスの停止

XaaSプロバイダーは、顧客にサービスを提供する上で極めて重要な役割を果たします。XaaSプロバイダーが機能停止に陥ると、利用企業の業務が停止する可能性があります。プロバイダーの平均稼働時間と定期メンテナンスを評価し、潜在的な脆弱性を把握しておくことが重要です。障害発生は避けられませんが、緊急時対応策とコミュニケーション戦略を持つことで、ビジネスへの影響を軽減することができます。

隠れたコストとライセンス

XaaSを契約する前に、すべての契約条件を注意深く確認し、支払い内容を理解しておくことも忘れてはなりません。XaaSはコスト効率に優れていますが、隠れた費用や高価なシートライセンスがかさむ可能性があります。サブスクリプションの詳細に注意しておかなげれば、XaaSを使ったスケーリングが困難になる可能性があります。現在と将来のニーズに基づいて各サブスクリプションを評価し、後からコストのかかる移行は避けるようにしましょう。


XaaSの利点とこれらの潜在的な欠点のバランスを取ることが、ビジネスの目標やセキュリティ要件に沿った十分な情報に基づいた決定を行うための鍵となります。

最後に

XaaSサービスの広大な世界を垣間見ることができたのではないでしょうか。事業を立ち上げるためには多額の資金が必要だった時代もありましたが、XaaSサービスの登場により、起業を志す人々の参入障壁が大幅に引き下げられました。

この変革は急速なイノベーションを促進し、数え切れないほどの新しいベンチャー企業の誕生を可能にしたのです。

XaaSは、様々な業界の企業成長の原動力となっています。XaaSモデルへの理解を深めれば、独自の革新的なXaaSソリューションを構築し、市場に導入するチャンスが見つかるかもしれません。

このダイナミックな状況を受け入れることは、計り知れない可能性への扉を開き、あなたの起業家としての歩みを推進させることになるでしょう。


当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・転記・使用する場合は問い合わせよりご連絡下さい。

エバンジェリストによるコラムやIDグループからのお知らせなどを
メルマガでお届けしています。

メルマガ登録ボタン


ハムザ・アフメッド

IDアメリカ

この執筆者の記事一覧

関連するソリューション

ID-Cross/クラウドサービス

関連するナレッジ・コラム

レストラン業界 ITトレンドレビュー2024年

重要経済安保情報の保護及び活用に関する法律案 -日本を守るセキュリティクリアランス

AI倫理~AIとの向き合い方と制度~