KNOWLEDGE - COLUMN ナレッジ - コラム

XRテクノロジー~Apple Vision Pro詳細レビューと比較~

コラムイメージ画像

関連するソリューション

業務改革

IDアメリカ
ハムザ・アフメッド顔写真

こんにちは、IDアメリカのハムザ・アフメッドです。

2024年2月、ついにApple Vision Proが登場しました。今回は米国のみの発売ですが、2024年末までに英国とカナダでも発売される予定です。
 
米国では、すべてのアップルストアでApple Vision Proのライブデモを行えるようにし、XRを体験したことない人々向けにデモを用意しました。アップルストアのウェブサイトからデモに申し込み、Vision Proを試すことができます。
 
私はMeta社のQuest 2、Quest 3、PSVR、Pimax Crystal、Valve Index、Pico4など、これまで数多くのヘッドセットを試してきたので、XRを試すことにも非常に興奮していました。
今回のコラムでは、アップル社のデバイスの紹介を掘り下げ、現在市場にある他の注目すべきヘッドセットとの比較を行いながら、詳細なレビューをします。さらに、Vision Proの開発を取り巻くエコシステムを探り、XRテクノロジーの未来の形を考えます。

アップルのXR分野進出への道のり

アップル社の拡張現実(XR)への進出の始まりは2015年まで遡ります。それは、アップルのエコシステム内でのARKitのリリースの基礎を築いたMetaio社を買収したことから分かります。それ以来、アップルは戦略的に
Flyby Media、Sensomotoric、NextVR、Spaces、その他XR空間に深く入り込んでいる初期段階の企業を吸収してきました。
 
アップルのXRへのコミットメントはソフトウェアだけにとどまらず、最先端のハードウェア・イノベーションにまで及んでいます。アップルは、特にiPhoneを通じてARハードウェアの実験を行ってきました。かつては法外に高価だったライダーセンサーの小型化から、アプリ開発者が高価なハードウェアなしでARアプリを作成できる環境をつくりました。
 
現在、エネルギー効率とコンパクトなサイズ感から同社のパソコンに採用されているM1シリコンの設計思想も、アップルのXRヘッドセットへの統合を予見して考案されたものでした。
 
アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、XR分野への強い関心を声高に語り、2018年以降、巨大ハイテク企業が参入を果たすだろうとの憶測を煽ってきました。こうした戦略的な作戦と長年にわたる綿密な計画の集大成が、7年以上にわたる革新と洗練を反映した製品、Apple Vision Proとして具現化しました。
 
多くの企業が未完成の製品を急いで市場に投入する中で、アップルは完成度の高い洗練された製品を目の肥えた消費者層に提供することで際立っています。バグや問題の報告は表面化しているものの、この規模の第一世代製品としては比較的少ない方です。

Apple Vision Proの発売

Apple Vision Proは成功し、ヘッドセットは瞬く間に完売し、予約開始から1ヶ月で20万台が購入されたと報告されています。この数字は、1四半期で数百万台を売り上げるiPhoneのような製品の売れ行きに比べれば見劣りするかもしれませんが、この価格帯とユースケースに位置づけられるデバイスとしては驚くべき偉業です。
 
注目すべきは、主にエンタープライズ・アプリケーション向けに設計された製品、Magic Leap 2との比較です。
Magic Leap 2は、その明確な市場フォーカスにもかかわらず、発売後6ヶ月間で約6000台が販売されました。
 
Apple Vision Proの最初の成功は、アップルのエコシステム内の消費者という非常に大きなターゲット市場と、アップルというブランドの強大な力の組み合わせに起因していると思われます。
 
MacInsiderが実施した調査では、製品の返品率が通常の範囲内に収まっていることが示されており、心強い結果となっています。さらに、Vision Proは多くの著名なレビュアーから高い評価を得ており、その品質の高さを証明しています。

グローバル展開

Vision Proの価格と仕様が公開された一方で、現時点で日本での発売日が明らかにされていません。これは、アップルの製品発表におけるお馴染みのパターンです。これまでも、最初に発売する製品を米国で発表した後、グローバルに販売を拡大してきました。
 
2007年に発売された初代iPhoneは、6月に米国でデビューし、同年11月に英国で発売されましたが、日本では2008年7月まで発売されませんでした。この前例と、2024年末までにイギリスとカナダで発売されるというスケジュールを考慮すると、Vision Proの日本デビューは2025年初頭頃になると推測します。
 
世界的な発売時期のずれにはいくつかの要因があります:
 
  1. 在庫数: ヘッドセットの供給は、新しい工場工程と物流の問題により限られています。これにより、アップルはプロセスを合理化し、世界市場に参入する前に在庫をストックできるようにするためです。
  2. 販売プロセスの最適化: 当初は特定の市場で発売することで、アップルは販売プロセスを微調整し、最適化した上で、より多くのユーザーに展開することができます。
  3. 規制遵守: 様々な国際的規制を遵守するためにアルゴリズムや機能を調整するには、綿密な適応が必要となり、グローバル展開が遅れます。

業界関係者によると、アップルは2024年6月に開催されるワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス
(WWDC)の前後に発表を行う可能性が高いと推測しています。WWDCは毎年開催されるアップルのプレス向けイベントで、新製品やアップデートを紹介するプラットフォームとして機能しています。
 
数カ月前にヘッドセットをリリースすることで、アップルは戦略的に自社を位置づけ、アプリ開発の道を開き、多様なグローバル市場へのスムーズで準備の整った参入を確実にできます。
 
さて、前置きはこれくらいにしまして、ここからVision Proの世界に足を踏み入れてみましょう。

ヘッドセットの画像

Apple Vision Proのデモ

デモの最初の週は私の住んでいる地域ではなかなか予約が取れませんでしたが、2週目からは地元のアップルストアで簡単に予約を取ることができました。デモセッションは1対1の個別形式で行われ、専任のアップルスタッフが参加者にデバイスの複雑な機能を案内しました。デモでは、他に2人がVision Proを試していました。

Apple Vision Pro レビュー:ハードウェア

一目見ただけで、Apple Vision Proは、洗練されたメタルとガラスの外装に高品質なラバーストラップを組み合わせた、プレミアムなクラフトマンシップを感じさせます。
 
卓越した美に対するアップルのこだわりは明らかで、iPhoneやMacなどの他のフラッグシップ製品に見られる特徴的なデザインを自然に統合しています。
 
Meta QuestやPicoに見られるような、XRヘッドセットに関連する従来のデザインからの逸脱により、Vision Proは視覚的に特徴的で洗練されたデバイスとして位置づけられています。

Vision Proハードウェア正面の画像

ハードウェアの主なハイライトは、ますます人気のパンケーキレンズ技術の採用です。
 
この革新的なレンズデザインは、目とスクリーンの間に必要な距離を最小化するだけでなく、画像の鮮明度を高めます。その結果、ヘッドセットは驚くほどの薄さを実現しています。
 
戦略的に配置された8つのカメラにより、Vision Proはフロアや周囲の景色を捉え、包括的な環境認識を保証します。

Vision Proハードウェア裏面の画像

ヘッドセットを装着する前に、ユーザーはiPhoneを使ってFace IDを設定するような顔登録プロセスを案内されます。これは、Vision Proによって記録されたQRコードを生成するために、様々な角度や方向に頭を回すことを含み、最適でパーソナライズされたフィットを保証するために設計されたステップです。
 
ヘッドセットを装着するには、頭に合わせてバンドを伸ばし、サイドに取り付けられたノブで締めます。快適に装着するには多少の調整が必要で、特に横長のバンドが額の辺りを圧迫してくるような感じがします。この潜在的な不快感を認識したアップルのスタッフは、デバイスの購入時に、重量をより均等に頭部に分散させるための垂直ストラップを同梱してくれました。
 
Vision Proは、Meta Questのようなデバイスと比べると若干重く感じましたが、改良されたストラップと潜在的なカウンターウェイトによって、重さは緩和されています。 店頭スタッフから、ポケットに入れるバッテリーパックを渡された時の感触は、スマホより少し大きい感じで、しっかり接続できるように作られたアップル独自のコネクターを使ってVision Proに接続します。

Apple Vision Pro レビュー:セットアップ

Vision Proを快適に装着したら、ヘッドセットの右上にある「デジタルクラウン」をクリックするだけで、初期設定が始まります。最初の「こんにちは」画面の後、Vision Proはスムーズにセットアップ画面に移行し、視線追跡機能を開始しました。
 
注目すべきは、Vision Proが従来のコントローラーを排除し、代わりに指入力と視線追跡機能を採用していることです。ユーザーは、指の入力と目の動きだけで入力できます。キャリブレーションのプロセスでは、画面上の指定されたポイントを見て、親指と人差し指を接触させるというもので、正確な設定を行うために何度か繰り返されます。
 
Vision Proは、8台のカメラのアレイを活用することで、ユーザーが膝の上に手を置いていても指の動きを検出することができます。高度な視線追跡技術と相まって、このアプローチでは、コントローラーを使った大がかりな動作の必要性を最小限に抑えることができます。
 
視線追跡機能とジェスチャー入力の両方のキャリブレーションに成功すると、スクリーンがユーザーの周囲を映し出すように変化します。

Apple Vision Pro レビュー:Vision OS

VisionOSは、Apple Vision Proを駆動する専用のオペレーティング・システムであり、QuestやPicoのようなAndroid OSに依存しない唯一のスタンドアロンOSです。セットアップ後、VisionOSはカメラを利用して周囲の状況をリアルタイムで表示します。カメラは解像度が高く、テキストが読みやすいシャープな画像が表示されます。
 
Quest 3との視覚的な比較では、Vision Proは、全体的な視覚体験を向上させる鮮やかな色で、非常に鮮明であることがわかります。仕様によれば、Quest 3はより高い視野(FOV)を誇っており、装着すればその差は即座にわかります。

Vision Pro装着時の様子

iPhoneのエコシステムに慣れ親しんだユーザーにとって、Vision ProのOSは、レイアウトやアプリを反映した親しみやすいものとなっています。デモでは、まずメニューにアクセスしてPhotoアプリを開きました。
 
写真アプリは、PimaxのようなハイエンドのPC用VRヘッドセットに匹敵する高い解像度で、没入感のあるビジュアル体験ができます。このアプリは3D写真や動画の閲覧にも対応するだけでなく、Vision Proから直接3Dビデオを撮ることもできます。デモの間にVision Proが撮影した動画を見せてもらいましたが、質の高いものでした。

Vision Proが撮影した3D動画のキャプチャ

「デジタルクラウン」を回すと、湖畔の森という環境に移行し、ユーザーが新しい場所に自然に溶け込めることが示されました。環境はいろいろ変えることができ、デモでは雪山などにも変えることができました。特筆すべきは、新しい環境でもスタッフの姿が見えることで、自然で魅力的な会話が促進されたことです。

湖畔の森

デモの最後にはムービーアプリが紹介され、アスリートが綱渡りをしたり、象が通り過ぎたりするダイナミックなシーンを含む短い3Dムービーが上映されました。このムービーは非常に高品質で、Vision Proが提供する没入体験に新たな層を加えるものであり、多目的なエンターテインメント・プラットフォームとしての可能性を示すものでした。
 
VisionOSは、このデバイスの卓越したビジュアル機能と相まって、Vision Proが最先端でユーザーフレンドリーなXRデバイスとしての地位を確立することに貢献しているのです。

Apple Vision Pro レビュー:総合

Apple Vision Proは、紛れもなく、すでに販売されている他のヘッドセットと比較しても、唯一無二の印象的な候補として際立っています。Vision Proを際立たせているのは、その基本的な技術力だけでなく、XRヘッドセットに馴染みのない個人をターゲットにした協調的なマーケティング活動です。
 
広範な公開デモは、その価格帯にもかかわらず、これが企業向けヘッドセットのみではなく、むしろ消費者中心のデバイスとして位置づけられていることを示しています。デザイン性とユーザーフレンドリーなインターフェースは、より多くの人々がアクセスできるようにするための意図的な戦略を反映しています。
 
際立った特徴のひとつは、ジェスチャー入力と並んで視線制御を効果的に採用していることです。この方法は、特に長時間の使用で疲労を誘発する可能性のある、従来のコントローラーと比較すると効率的です。親指を人差し指で見てタップして環境と連動させるといったシンプルな操作は、ユーザー体験を効率化します。
 
Vision Proは、視線追跡機能とジェスチャー入力の両方を組み合わせた初めてのデバイスである点で、他とは一線を画しており、インタラクションを変革する可能性があります。このユニークな機能は、将来、他社が模倣するベンチマークとなる可能性が高いです。
 
Quest 3より若干重いものの、Vision Proの重量は扱いやすく、適切なストラップを使用すれば、快適さは同等になると思います。長時間の使用はまだ不快感を与えるかもしれませんが、自分は他のヘッドセットと比べて目の疲労が少ないと感じており、これはおそらく高品質のパススルーや環境中のテキストの明瞭さに起因していると思われます。
 
しかし、特筆すべき欠点は、Vision Pro専用に設計されたネイティブアプリが少ないという現状です。デモで紹介された「Photo」と「Movie」アプリでさえ、iPhoneで使われているものに酷似しています。
 
20万台以上の販売という成功は称賛に値しますが、課題はVision Pro独自のエコシステムをより充実させることにあります。ユーザーベースが限られているため、開発者がこのデバイス専用のアプリケーションに投資することを躊躇する可能性があります。
 
まとめると、Apple Vision Proは、その技術力だけでなく、消費者導入への戦略的アプローチにおいても、XR領域における革新の道標となっています。特にアプリのエコシステムにおいて課題に直面しているものの、その特徴的な機能と市場での位置づけは、将来のXRデバイスの軌跡を左右する可能性を秘めています。

他XRヘッドセットと比較

市場には様々な価格帯のXRヘッドセットが多数あり、ここでは、市場で人気のヘッドセットと比較します。

Apple Vision ProとQuest3の比較:

おそらくVision ProがQuest 3と最も比較されるのは、ARユースケースが可能なVRヘッドセットという、共通した市場ポジションのためでしょう。どちらもカメラを使って周囲のパススルーを生成します。

  • パススルー機能: Vision Proの方がより高品質。
  • ディスプレイの鮮明さ: Vision Proの方がより鮮明。
  • ジェスチャー入力: どちらのデバイスもジェスチャーコントロールに優れている。
  • 視線追跡機能: Vision Proは視線追跡機能を搭載。(Quest 3は未搭載)
  • アプリの充実度 Quest 3は主にVRに特化しているが、アプリライブラリがより充実している。
  • コントローラー入力: Quest 3のコントローラーは、学習曲線なしに、より多様な入力オプションを提供。
  • 柔軟性: Quest 3はPCVR用にPCに接続でき、より幅広い体験ができる。

結論:Vision Proはハードウェア面で優れていますが、Quest 3は豊富な機能を備えたソフトウェアと低価格が魅力で、XR分野への参入にはより魅力的な選択肢です。

Apple Vision ProとPico4の比較:

Pico4はQuest 3の直接のライバルで、ソフトウェアもハードウェアも非常によく似ています。比較対象も
Vision Proとほぼ同じですが、Pico4はヘッドセットに距離センサーを搭載していないため、ARユースケースには対応していません。そのため、Quest 3と比べると柔軟性に欠けます。

Apple Vision ProとMagic Leap2の比較:

Magic Leapは、Microsoft Hololensに匹敵するARヘッドセットの筆頭であり、多くの革新的な機能を備えています。ある意味、Magic LeapはVision Proとは正反対で、Vision ProはVRヘッドセットをARにする代わりに、
Magic LeapはARヘッドセットをVRにした製品です。Magic Leap 2は、電気で暗くできる先進的なレンズを採用しています。

  • 重さ: Magic Leap 2はより軽量でコンパクト。
  • AR機能: Magic Leap 2は優れたAR機能を保持しており、現実の世界が見える。
  • FOV: Vision Proは視野率に優れている。

結論:Magic Leap 2は、製造や修理に特化したユースケースを持つ企業向けデバイスとして販売されています。これらのヘッドセットのユースケースは大きく異なり、比較するのは難しいです。企業がARの企業向けユースケースを求めるなら、Magic Leap 2の方が良い選択と思われるでしょうし、消費者向けのユースケースでは、
Vision Proの方が良い選択でしょう。

最後に

私の観点では、Vision Proの最大の功績は、その誕生の背後にある画期的な革新性や、単なる販売台数の多さではなく、むしろ、XR技術を民主化し、メインストリームの消費者市場に送り込んだことです。以前はマニア向けのニッチな分野に限られていたXR技術は、技術革新と普及の面で限界に直面していました。
 
Vision Proは、その前身とは異なり、VRヘッドセットの使用経験がほとんどない人々を含む、より幅広い層にリーチしました。Meta社のQuest 3は新たな市場の開拓を目指しましたが、その成長は予測より遅かったです。しかし、Vision Proは、XRヘッドセットの所有に初めて踏み出そうと考える人が増えるにつれて、XRをメインストリームに統合する触媒となる可能性を秘めています。
 
「Pro」という名称は、将来、より手頃な価格の非Proバージョンが発売される可能性を示しており、XRテクノロジーへのアクセスをさらに拡大します。このような戦略が成功すれば、ヘッドセットがゲームの代名詞となるだけでなく、交流、教育、専門的な仕事などの分野で広く応用される未来への道が開けるかもしれません。
 
したがって、Vision Proは、XR技術の重要なマイルストーンを示すだけでなく、没入型体験がエンターテインメントにとどまらず、日常生活の不可欠な一部となる未来を示唆しています。



当サイトの内容、テキスト、画像等の転載・転記・使用する場合は問い合わせよりご連絡下さい。

エンジニアによるコラムやIDグループからのお知らせなどを
メルマガでお届けしています。

メルマガ登録ボタン

ハムザ・アフメッド

IDアメリカ

この執筆者の記事一覧

関連するソリューション

業務改革

関連するナレッジ・コラム

宇宙産業~技術と経済、日常生活への統合について~

スマート化する工場とOTセキュリティ

今話題のVector Storeを解説