SOLUTION ソリューション

マルチクラウドサービス ID-Cross

ID-Crossロゴ

マルチクラウドサービス ID-Crossとは

クラウドサービスID-Cross(アイディクロス) は、
ご提案から設計・構築・移行、運用まで一貫した体制で課題を解決。高度なセキュリティでクラウド化を実現します。

クラウド導入・運用でこんな課題を抱えていませんか?

弊社サービスでは、以下のようなお客様の悩みを解決します。

  • 導入までの要件が整理できない。
  • 導入までに多くの時間がかかりそう。
  • どのセキュリティが良いか分からない。
  • コストが予算をオーバーしそう。
  • 従量課金のため月々の支払が不明瞭。

マルチクラウド導入サービス

クラウドの導入・移行を行うサービスです。
お客様の要求に沿ったシステムをパブリッククラウド上に設計・構築します。弊社独自の要件定義シートや設計テンプレートを活用し、品質を保ちながらコストダウンや期間の短縮化を図ります。また、セキュリティスペシャリストによる丁寧なコンサルを行います。独立系企業の特性を活かした柔軟な提案で、クラウドへ移行に合わせたセキュリティ強化も可能です。

マルチクラウドマネージドサービス

お客様に代わり、IDがセキュアにクラウド環境を運用・保守します。
「統合管理システム」を使用して、インシデント管理、障害通知、レポート報告を行いま す。お客様にご用意いただいた手順書に沿って、毎日、毎週、毎月など、定期的に決まったご指定のタイミングで定例作業を実施します。
アカウント管理

煩雑なクラウド環境のアカウントを、クラウドサービスの管理者アカウントも含めて管理。フルマネージドサービスをご提供します。

ID-Crossの4つの特徴

スピーディーな設計・構築・移行サービス

要件定義シートと設計テンプレートを活用して、クラウド環境を構築します。
弊社が長年培ったITシステムの豊富な運用経験を活かし、複雑な要件定義でも弊社オリジナルの要件定義シートを活用して実現します。設計フェーズでもオリジナル設計テンプレートを活用、クラウド環境構築については実績のある構築手順を用いるため、高品質なサービスが提供可能です。
オンプレミスからパブリッククラウドの移行において、設計から構築までの短縮化によりコストダウンを実現。また、ツールを活用したスムーズな移行でシステムのダウンタイムを最小限に抑えることができます。

専門部署による高度なセキュリティ

お客様の課題と要望に合わせた包括的なセキュリティ環境の構築を行います。
お客様のネットワークアクセスポリシー要件に応じて柔軟な設定を行います。また、AWSやAzure付属のセキュリティサービスの構築・設定、エンドポイントにおけるアンチウィルスやEDRなどのクラウドインスタンス導入、ネットワークトラフィックのAI分析ソリューションツール導入など、高度なセキュリティを実現します。
統合的なログ監視環境構築やCASB構築によって、クラウドごとの利用状況を可視化するなど、お客様に合わせたコンサルをセキュリティスペシャリストが丁寧に対応・ご提案いたします。

月利用料の固定化を実現

クラウド利用料をクラウド運用と保守費用に含めた、月額固定化を実現しました。
クラウドの運用費用とランニングコスト含めた月額料金制ですので、月々の支払の明確化や毎月の利用詳細管理負担の軽減はもちろん、想定外の支払いが発生するリスクなどの心配はありません。

充実の運用サポート

クラウドサービスの管理者アカウントを含めたすべてを管理し、フルマネージドサービスとしてご提供します。
移行やオペレーション、アカウント管理に至るまで、弊社がすべてをサポートし、セキュアなクラウド環境を運用・保守いたします。障害発生時には迅速なレポート報告をいたしますし、オペレーションについても詳細な報告を行うため、お客様のITサービス環境のすべてを安心して弊社へお任せいただけます。

提供サービス

マルチクラウド導入サービス

1 高品質な設計とスピーディーなシステム構築サービス

お客様の既存システムについて、要求に沿ったシステムをAWSやAzureといったパブリッククラウド上に設計・構築いたします。弊社独自の要件定義シートや設計テンプレートを活用することで、品質を保ったままコスト削減や期間短縮化が可能です。

2 専門部隊による高度なセキュリティサービス

お客様の課題や要望に合わせたセキュリティ環境構築サービスをご用意しております。また、構築だけではなく、セキュリティ製品の運用を含めたソリューションとして提供させていただきます。

3 無駄のない短時間のシステム移行サービス

移行時には、事前に移行元のサーバからAWSなどのクラウドサービスへデータを同期し、リリース断面で静止点を作り、移行ツールを活用することでダウンタイムを短縮する手法です。ダウンタイムは数分~1時間程度に抑えることができるため、短時間でシステム移行が可能となります。
移行中に更新されたデータに関しては、データ同期後に差分更新を行うため、移行後すぐに完全なデータを利用できます。また、本番環境と同等のテスト環境なども最短5日程度で準備可能です。

マルチクラウドマネージドサービス

1 リモート運用・管理

お客様の運用業務をリモート化します。お客様のDC内業務において、リモート化する運用業務を切り分け、IDクラウドマネージドセンターにて運用します。
IDクラウドマネージドセンターの設備やセキュリティは、双方ともにデータセンターファシリティスタンダードである「Uptime Tierレベル」に準拠しています。また、煩雑なクラウド環境のアカウント管理も、クラウドサービスの管理者アカウントを含めフルマネージドサービスとしてご提供いたします。

2 監視・オペレーション

AWSやAzureなどのパブリッククラウドをプラットフォームとしたシステムに対応していますので、お客様に代わってリモートでの運用保守が可能です。監視には、マルチクラウド環境にも対応できる「総合管理システム」を用いて、インシデント管理・障害通知・レポート報告を行います。

導入事例

No. 業界 区分 案件概要
輸送 PMO 業務サーバ(約100台)をAWS上の仮想サーバへ移行するプロジェクト支援。主にミドルウェア設計・導入支援・運用設計支援・課題管理・解決支援などを担当
保険 構築 AWS上の仮想サーバ(2台)に対し、ミドルウェアの環境構築および運用ツール作成
製造 構築 AD/ファイルサーバ/業務アプリサーバ(7台)をAWS上に構築。基盤設計・運用設計(監視・バックアップ)および導入からリリースまでを担当
金融 構築 Webサーバ(2台)をAWS上に構築。基盤設計・運用設計(監視・バックアップ・セキュリティ監視(WAF))および導入からリリースまでを担当
金融 構築 Webサーバ(2台)をAWS上に構築。基盤設計・運用設計(監視・バックアップ)および導入からリリースまでを担当
官公庁 構築
運用
高負荷計算の実行環境としてAWS上に仮想サーバを構築し、エンドユーザへ環境提供および負荷管理運用
製造 構築 パッケージシステムをAzure上に構築

価格

基本パック

サービス 内容 条件
監視運用 死活監視、リソース監視(CPU・メモリ・ディスク)、プロセス監視、アラート監視を実施。メール、電話にてご連絡。監視項目、監視対象はカスタマイズが可能。 基本パックは1ノードで監視対象は10個までを上限。10個以上の監視は別途費用が発生。
障害対応 予めお客様から引き継いだ障害対応手順書をもとに障害対応を実施。 監視アラート発報を契機とし障害対応を実施。1手順は30分以内として3手順まで。

オプション

サービス 内容 条件
リソース分析 リソース状況確認と運用レポートを作成し提供。必要に応じてリソース拡張等をご提案。
<レポート内容>
・システム運用状況
・障害、アラート発生状況
・定期、保守作業結果
・翌月作業スケジュール
・メモリ、HDD容量、ストレージ容量等のパフォーマンス分析結果
メモリ、HDD容量、ストレージ容量等のパフォーマンス分析。
システムの運用状況や障害発生状況が把握できる運用レポートを作成し、月1回報告。
個別対応 定例作業、非定例作業対応。 お客様から引き継いだ作業手順書に従って実施。

設計・構築・移行

個別見積もりとなります。